助産師の求人 - 英語が得意な助産師の人気転職先とは?

助産師 求人 → 助産師の求人│英語力が活かせる職場とは?

助産師の求人│英語力が活かせる職場とは?

今は国内でも英語を使う場面というのは増えてきています。国際化が進んでいることもあり、今後、こういった傾向はより強くなっていくでしょう。助産師の中にも英語の能力を身に付けており、それを活かして働きたいと思っている人は多いようです。

日本国内で出産をするものの日本語が話せないという海外出身の方もいるため、一般病院の助産師として働くだけでも、英語を活かす機会というのはあるはずです。しかし、更に英語力が活かせる職場で働きたいと思っているのであれば、日本に住んでいる外国人向けのクリニックを選択してみてはどうでしょうか。

それから、地域によっても外国人が多く生活している地域がありますよね。そういったところであれば、英語を活かして働く機会が増えるはずです。また、病院によっては、英語力が強い助産師を積極的に採用しているところもあります。インターナショナルクリニックのようなところで働く場合、日常的に英語を使うことになります。

ただ、英語が話せるといっても、基本的なことがわかる程度の英語力では仕事に活かすことが難しいかもしれません。妊娠や出産に向けて不安を感じている妊婦さんが相手となるわけなので、親身になって相談に乗ってあげられる英語力が必要です。

ただでさえ妊婦さんは異国での出産に強い不安を感じているでしょう。また、疑問に思っていることもたくさんあるはずです。そんな妊婦さんが抱えている不安を取り除いて質問に全て答えるためには、高い英語力が求められます。

国内にある外国人向けの医療施設で働くのとは逆で、海外にある日本人向けの医療施設で働くという選択肢もありますね。海外の日本人クリニックを訪れる日本人の患者さんをサポートすることができる人材は、海外でも広く求められています。

この場合も、通訳のような仕事も行うことになるでしょう。英語の能力を身に付けることができれば活躍の場は国内にとどまらないので、英語について学んでみるのもおすすめです。

助産師の仕事と離職率

医療に関する仕事は人員不足が騒がれていますが、助産師にも同じことが言えます。また、その背景には助産師の離職率が高いという問題も挙げられるでしょう。確かに非常にやりがいがあり、出産という貴重な場面に立ち会うことができる魅力的な仕事ではありますが、離職率は10%以上だと言われています。

これは他の仕事に比べても高い割合だと言えますね。もちろん、その全てが助産師の仕事が嫌になって辞めたというわけではありません。しかし、仕事と家庭を両立させることができず、仕方なく仕事を辞めることにしたという人もたくさんいるのです。

その他の仕事の中にも仕事と家庭を両立させることが難しいものはありますが、助産師は全体的に数が不足しています。そのため、働く人が十分に確保できている仕事に比べると仕事内容が非常に忙しく、精神的なストレスにも繋がってしまうのです。

また、助産をする仕事ということもあり、人手が足りなくなってしまった時には急に呼び出されてしまう可能性もあります。せっかくの休みだったのに出勤することになったりすると、精神的にストレスが溜まりますよね。

苦労をして助産師の資格を取得したものの、家庭に入ってしまったという人は少なくありません。これは看護師にも言えることですが、資格を持っているものの働いていない潜在助産師と呼ばれる人の割合も非常に高いです。

ただ、離職率が高いというのは職場によっても違います。助産師にとって非常に働きやすく、離職率が低い職場もあるのです。できるだけ楽しく長く働きたいと思っているのであれば、働きやすい職場探しに力を入れてみるといいでしょう。

今の職場に満足できていないという場合は、精神的・体力的に限界を感じるまで働くのではなく、早めに転職を検討するといいですね。助産師が不足していることもあり、様々な職場が好条件で求人情報を出しています。無理をして自分に合わない職場で働くのではなく、働きやすい職場探しをすることをおすすめします。